どんなふうに変化していくのか

Home  >>  For lightstyling ライトスタイリングのために  >>  どんなふうに変化していくのか

どんなふうに変化していくのか

建物やインテリアに使われているさまざまな素材とその仕上げ。

竣工時に美しいだけではなくて、その後、時間を重ねてどんなふうに変化していくのか。
このことにはいつも関心を寄せています。

照明も例外ではありません。

どんなに美しい光を放っていても、場所やその用途、諸条件に合わないようならば、照明の魅力が半減してしまうこともあります。
まずは最適な光を見極めて。最低限のメンテナンスだけは怠らずに、じっくりと永く付き合っていきたいものです。

監修を手掛けた集合住宅物件の屋外用照明として、亜鉛メッキ仕上げのウォールライトを特注製作しました。亜鉛メッキ仕上げは、廊下の手摺や木材を多用したこの建物の外壁との相性もよく、経年変化により色合いが深まり独特の味わいが出てきます。

無骨でラフな印象の亜鉛メッキですが、デンマークの郵便受けやアウトドアファニチャーなどでもしばしば使用される「頼れる」仕上げです。

by LAMPIONAIO Inc.

Original galvanized wall light for a residential project



Share

コメントを残す