煮物

煮物

製品は単独ではなく、たくさんの他のエレメントと一緒に使われます。建築、空間、インテリア、そこを利用する人や時間なんかと相まって、照明の質は高められていきます。照明製品の機能やデザインのみを語ることはできますが、物足りない。それらとのつながりが浮かび上がってくると、異なる視点が生まれます。煮物ってひとつの素材だけが美味しいわけじゃないでしょう。

こんなことを思いながら、今日は新しい企画の打ち合わせでした。乞うご期待!

by LAMPIONAIO Inc.

煮物が食卓に.



Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

コメントを残す