エウロルーチェ 2015 – ガラスを使った照明器具デザインに再注目!

Home  >>  照明 / デザイン レポート  >>  Euroluce, エウロルーチェ (サローネ国際照明見本市) 2015  >>  エウロルーチェ 2015 – ガラスを使った照明器具デザインに再注目!

エウロルーチェ 2015 – ガラスを使った照明器具デザインに再注目!

今回で28回目を迎えた照明国際見本市、「エウロルーチェ, Euroluce 2015」。

ここでは、照明器具にとって欠かせない素材である「ガラス」を得意とする多くのメーカーも新製品を紹介しています。

by LAMPIONAIO Inc.

クリスタルグラス製品の豊富なコレクションを持つ老舗 Barovier & Tosoの新作はMarcel Wandersのデザイン.

ヨーロッパにはガラス製品を得意とする地域が各所にあります。イタリアであればヴェネツィアの周辺。ムラーノ島, Muranoのガラス工芸品は広く知られていますね。ガラスを多用する照明製品については、内陸部のトレヴィーゾ, Treviso付近に企業が集まっています(ちなみにファッションブランドのBenetonや家電メーカーのDe’Longhiもここに本社を置いています)。

by LAMPIONAIO Inc.

タイル状のガラスを組み合わせた照明付きパーテション製品. Fabbianの展示から.

by LAMPIONAIO Inc.

カナダのBocciはガラス製の照明コレクションを展開する新進ブランド. エウロルーチェ2015で発表された新作.


エウロルーチェの会場では、イタリアをはじめとするヨーロッパやその他の国からやってきたメーカーが、ガラスに宿る光を競っています。



Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on TumblrShare on Google+Email this to someone

コメントを残す